マイホームを若い人は買ってはいけない理由

家庭を持つと憧れるのがマイホーム

自分の持ち家、というのにとても憧れます。

アパートを借りているより自分の持ち家だから、自由にリフォームできますね。

家を建てる時はどんな感じにするかワクワクしながら考えますね。

 

しかし、いまの若い人ははマイホームを建ててはいけません。

それはなぜか?

 

どのみち働いても、住宅ローンを支払い終えるまで確実に雇用が保障されますか?

また、いまからだと30年か35年のローンになるとおもいますが、それだけ支払うことが確実にできますか?

あなたの自宅が災害にあわない自信がありますか?

 

そりゃ、一括でローンを組まずに家を買えるのならどうぞご購入してください。

それでも毎年、固定資産税は支払わなければいけませんよ?

住んでいる限り何年も。

 

それを考えていますか?

 

家を新しく建てるとなったら、この辺でも3000万円いるそうですが、住宅ローンによっては、10年間は安く支払い、11年後からかなり支払額があがるプランがあります。

実はそういうプランで住宅ローンを組んで家を建てた知り合いは、働いていた会社を途中で希望退社しました。

会社がリストラしたんです。

会社がやばかったのもあり、希望退社で退職金を大目にもらって辞めました。

しかし、その後1〜2年くらい仕事がなく、ようやくみつけて仕事をしているようです。

人生何があるかわかりません。

 

いまの若い人たちにとって、会社は生涯雇用してくれるところではありません。

定年後も働かないとやっていけないでしょう。

 

そんな中で住宅ローンはかなりの出費です。

それが30年から35年あるのです。

どれだけ長い時なのか。

 

それなのに、災害があれば住めなくなってしまうかも。

保険にはいっていても、元の状態にはなりません。

 

それでも家を建てるなら、いま住んでいるアパートなどの家賃と同等の住宅ローン支払額になるくらい頭金を貯めましょう。

まあ、無理ですね。

 

憧れのマイホームですが、欲しいのなら多額の借金地獄が待っています。

それを覚悟してください。

いきなりリストラされて給料がなくなったとか、病気になって働かなくなったとか、ローンが支払えなければ家は競売にかけられます。

災害などの場合は救済処置がありますが、どこまでかはわかりませんし、ローン自体はなくならないし、新たにローンを組んで修理するかもしれません。

 

 

ただ、住宅ローンを組んだ人が、障害がでたとか死亡したとかなれば、住宅ローンを組むときに保険にはいっていたらそれ以後の支払いはなしになります。

 

住宅ローンを組む時は、いろいろ調べてみましょう。

 

 

コメント

  1. takeshi より:

    ランキングから来ました。
    本当にその通りですね。
    35年ローンも組んで毎月の支払も利子ばかり
    元本が減るのはいつの事やら。
    その間何か有ったら大変です。
    それでも購入する若いご夫婦が沢山いらっしゃいます。
    やはりマイホームは憧れなんですね。
    次回楽しみにしています

  2. とろり より:

    こんにちは。
    タイトルで言われている通り、買ってはいけない、に同意ですね。
    特に最近は家が流されてるニュースも多いので、
    とても買う気にはなれないです。